美白化粧品の特徴と得られる効果

美白化粧品の特徴と得られる効果

日本では1980年代の後半頃から厚生労働省によってさまざまな美白効果のある成分が承認させるようになり、いわゆる美白ブームが続いています。健康的に日焼けしているかたも魅力的ではありますが、紫外線による肌への悪影響が気にされるようになって、男女問わずに対策を練ることが一般的になっていることからも、美白化粧品は非常に高いニーズを誇っているものです。

そんな美白化粧品に関しては長年の研究開発によって、肌を白くするためのアプローチ方法がいくつかの段階に分けられることになりました。それが、メラニン生成の過程に働きかけることができるもの、発生してしまったメラニンを還元できるもの、そしてメラニンと角質などの肌を黒くする要素の剥離を促すものです。また、化粧品によってはこれらの作用が同時に得られるものなどもありますから、目的に応じた美白成分が配合されたものを利用するようにするといいでしょう。代表的な成分としては、活性酸素の生成を抑えてメラニンを還元させるビタミンC誘導体、肝斑治療薬にも用いられるトラネキサム酸、メラニン生成のために関わってくるチロシナーゼの働きを阻害できるアルブチン、動物の胎盤から生まれた代謝促進効果のあるプラセンタ、イチゴやブラックベリーに含まれているエラグ酸などです。また、昨今では元々医薬品として利用されていたハイドロキノンが美白化粧品にも配合可能となり、高い美白効果が得られるということで人気になっています。
もちろん一番大切なのは、その美白成分と自分の肌の相性です。いくら美白効果が高かったとしても、肌に負担がかかって荒れてしまっては意味がありません。特に美白化粧品の場合乾燥しやすい傾向にあり、肌への刺激も一般的なものより強めになりますから、保湿性能に優れたもの、成分が明確で肌の状態と成分の相性を図りやすいものを選ぶようにすることをおすすめします。デリケートな肌質のかたの場合は、必ず利用前にパッチテストをして様子を見てから顔に塗るようにしましょう。

また、美白化粧品でケアをしていきながらメラニン色素の生成を予防するために紫外線対策なども行っていかなければ、せっかくの努力が無駄になってしまいます。日焼け止めを塗ること、日傘や帽子などで紫外線を直接浴びないようにすること、洗顔と保湿をきちんと行って肌バリアが壊れないようにしていくなど、万全の体制で持って美白対策を行っていくことが大切です。おすすめの美白化粧品ランキング